足の診療所トップページ > 足の雑学 > 正しい靴の選び方

正しい靴の選び方

足のトラブルを治すには、靴選びが非常に大きなカギを握ります。靴は足を保護する役割はもちろん、足の機能を100%引き出すことも可能です。
分かりやすい例で言えば、運動靴の靴紐をむすばない状態と、しっかり結んだ状態では、まったく違うものになります。
自分の足に合う靴を選んで、疲労感の軽減や胼胝の予防をしてください。

おすすめの靴の選び方

1 自分の足のサイズに合うこと

1にも2にも、まずは自分の足に合っていなければなりません。
正確な足のサイズがあまりよくわからないのであれば、お店で測ってもらえることもありますのでお勧めです。
足のサイズとは全長だけではなく、幅も知っておく必要があります。
靴によって幅も異なりますので、そちらも合わせて考えて選ぶようにしましょう。
不明な場合は、足の診療所で測ることができます。

2 かかとがしっかりとした作りになっているもの

足部の中でもかかとの骨は丸みがあるため、左右に倒れやすいのが特徴です。
そのため、かかとがしっかり作られている靴を履いて、かかとの骨を安定させることが大切です。
また、かかと部分が浅いと脱げやすくなるため、なるべく深いものを選ぶようにしましょう。

3 足指の付け根の部分で曲がる

足の機能の構造に合った靴がベストです。足の曲がるところは靴も曲がり、曲がってはいけないところは硬く、固定されているほうがよいのです。
足で最も曲がるところは、指の付け根の部分です。靴のこの部分に柔軟性がなく、動きがなければとても窮屈な靴となります。
反対に、土踏まずやかかと部分などはある程度の固さがないと負担が大きくなります。

4 試着時は数歩だけでも歩いてみる

足は荷重がかかっている時とかかっていない時とで、大きさが変わります。
そのため、靴を試着するときには数歩でも歩いてみることが重要です。
その時に見るポイントは、脱げやすくないか、トゥーボックス(指先が入る部分)の先端に指が当たらないか、甲は圧迫されていないか、などです。

5 靴紐の種類を選ぶ

靴紐がほどけているならすぐに結ぶようにしてください。できれば毎回履くときに結びなおすようにしましょう。
足首をしっかりと固定して、歩行するときの足の動きをより機能的に、スムーズに動くようにしてください。

6 靴を履いた時、つま先と靴の先端に1センチほどの余裕がある

ぴったりしたサイズが良いと思っている方も多くいますが、靴はつま先に1センチほどの余裕があるものが最良です。
きつすぎても、緩すぎても悪影響になりますので、1センチ程度を目安にしてください。

7 ソールは硬く、しっかりしたものを選ぶ

ソールが柔らかい素材でできているものは、地面からの衝撃を吸収することができず、足裏にかかる負担が大きくなります。
そのため、疲れやすくなったり、胼胝ができやすくなったりと、悪影響が起きやすくなります。
ソールはある程度の硬さがあり、しっかりとしたものを選んでください。

Page top