足の診療所トップページ > 診療内容 > 糖尿病性末梢神経障害

診療内容

糖尿病性末梢神経障害

 高血糖状態が続くと、代謝障害や末梢神経栄養動脈の閉塞などの原因で末梢神経の障害が起こる。糖尿病性神経障害は、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症と並んで「糖尿病の3大(細小血管)合併症」と呼ばれている。3大合併症の中で最も頻度が高いの、糖尿病性神経障害である。

原因

 糖尿病神経障害の一説として、高血糖の状態が続くと、一因として「ソルビトール」という、障害を起こす原因となる物質が神経細胞に蓄積する結果、神経線維に異常が生じて感覚鈍麻や、麻痺が起こるといわれている。また、高血糖によって毛細血管の血流が悪くなり、神経細胞に必要な酸素や栄養が不足するために起こるといわれている。

(1) 左右対称性ニューロパチー
 最も患者数が多いのは左右対称性・緩徐進行性で感覚障害優位の感覚や感覚多発性神経障害である。この病型の原因としては、高血糖に起因する様々な代謝異常の関与が考えられており、(現在想定されている代表的な原因仮説として①ポリオール代謝活性の亢進、 ②プロテインキナーゼC(PKC)活性の異常、③非酵素性糖化反応の亢進、④酸化ストレ スの亢進の4つのメカニズムが挙げられる。)その代謝異常によって、神経内膜内小血管でみられる基底膜肥厚が虚血につながっていると考えられている。

(2) 局所性あるいは多巣性ニューロパチー
 末梢神経栄養動脈の閉塞から、虚血による末梢神経の梗塞が主因と考えられている。糖尿病性末梢神経障害のもう一つの重要な病型である局所性あるいは多巣性ニューロパチーは、末梢神経栄養動脈の閉塞から虚血による末梢神経の梗塞が主因と考えられている。

症状

 糖尿病性神経障害の症状は多様で、手足の痛みを訴える患者や、自覚症状がない患者もいる。手足の痛みやしびれ、冷え、ほてり等の感覚神経障害が神経障害の起こり始めに多くみられる。また、年月が経つと便秘と下痢のくり返し、勃起障害、立ちくらみ等の自律神経障害が出るようになる。さらに、神経障害が悪化するに並行して感覚が鈍くなり、軽度の傷に気づかず潰瘍形成するなど、大きな傷を負うリスクが増大する。自律神経障害も、放置すると低血糖状態による突然の意識消失、心筋梗塞を発症しても胸痛がないなど、非常に危険な状態となる。 糖尿病性神経障害は、糖尿病の診断後1年以内に、痛みなどの症状を感じることがあるといわれている。糖尿病性神経障害に伴う症状は、足の先や足底の「痛み」や「シビレ」などの感覚異常から始まる。手指は、初期には無症状のことが多い。進行すると感覚の異常が出現し、創部からの細菌感染し、神経細胞の壊死により切断を余儀なくされることもある。

診断

(1) アキレス腱反射の低下・消失
 症状がほとんど見られなくても約30%前後の頻度でみられる。(打腱器で両側のアキレス腱を叩いて、足先が動くかどうかを検査する)反応がなければ、ほぼ間違いなく糖尿病性神経障害と診断される。しかし、脊柱管狭窄症や変形性脊椎症などの整形外科的な疾患や、脳血管障害、悪性腫瘍など他の疾患を鑑別する必要がある。*膝立姿勢での検査が推奨されている。

(2) 振動覚
 音叉はアルミ製128㎐音叉を使用し、一定以上の強さで叩打すれば、閾値に達するまでの時間はほぼ一定である。簡易診断基準はこの音叉叩打後10秒の振動感知を異常判定の目安としている。

(3) 痛覚検査
 表在覚の低下、消失。特に痛覚の脱失。

(4) その他の診察
 ① 足皮膚の変化:皮膚乾燥・角質、色調の変化は発汗機能低下、血管運動神経など自律神経機能低下の兆候として重要である。足の外観の変化や白癬などの感染症の有無、痒み 感の低下は痛覚線維障害がある可能性がある。
 ② 短指伸筋筋委縮の有無
 短指伸筋は、腓骨神経伝導検査に用いられる重要な筋であるが、下肢最遠位に位置するため多発ニューロパチーのような慢性遠位性軸索編成では最も初期に障害が明らかになる筋である。

治療

(1) 保存的療法
 高血糖環境の是正:糖尿病性末梢神経障害の治療は厳格な血糖コントロール。
 具体的には、食事療法、運動療法、血糖降下薬で血糖コントロールをする。

(2) 対症療法
 感覚鈍麻、無感覚、あるいは筋力低下といった末梢神経障害に起因する症状を改善治療はないが、神経症状による合併症の発症のリスクを低減させることはできる。

(3) 外科的治療
 足潰瘍・壊疽を起こしている場合、切断の可能性もある。

予防

 糖尿病性末梢神経障害の症状は軽微なものから足潰瘍・壊疽をきたす重症例まで、さまざまである。糖尿病性末梢神経障害発症のリスクを最小限にし、それに伴う合併症を防ぐ為には患者自身の役割は大きい。
① 血糖値をコントロールする。
② 足に合った靴を履いて、傷を予防する。
③ 毎日足をチェックし、傷、赤味、水泡、腫れなどを発見したら直ちに受診する。
④ 定期的に専門医を受診し、糖尿病による足の合併症を予防する。
⑤ 定期的に主治医を受診する。足専門医は主治医と協力して糖尿病合併症を予防・治療する。

Page top