足の診療所トップページ > 診療内容 > 黒子(ほくろ)

診療内容

黒子(ほくろ)


ほくろは、色素細胞母斑、色素性母斑、母斑細胞母斑などと呼ばれている色素細胞が増える良性腫瘍である。ほくろは、色素細胞(メラノサイト)というメラニン色素をつくる母斑細胞の増殖による母斑細胞のかたまりである。母斑細胞もメラニン色素を産生するため、褐色から茶色の平坦な色素班や皮膚から盛り上がったイボのようになる。生まれつきのものろや、幼児期に生じるほくろは平坦でも、成人になり母斑細胞が増えて大きく隆起することがある。極めて稀であるが、メラノーマ、基底細胞癌などの悪性腫瘍の可能性もあるが、ダーモスコープで悪性と良性をある程度まで判別ができる。

原因

神経堤(Neural crest)由来の母斑細胞(nevus sell)が異常増殖することにより黒褐色の色素班が皮膚に生じる。神経堤由来の細胞にはメラノサイトとSchwann細胞があるが、このどちらにも分化しきれずに中途半端な状態になっているものが母斑細胞である。一般的に遺伝性は認めない。

症状

小児期に生じることが多いが、青壮年に発症することもある。数㎜~2㎝大くらいまでの半球状および淡紅色、赤褐色~黒色の小結節で、通常は単発性である。表面は平滑~疣状であり、ときに硬毛を伴う。主に頭頚部に突然出現拡大する。ときに色素沈着を伴って黒褐色の病像を呈し(Reed母斑)、悪性黒色腫との鑑別が困難である。しかし、ほくろは良性疾患であり一定以上の拡大や浸潤をきたすことはない。

診断

特徴的な皮膚の変化のため、ほとんどが視診で診断することができる。ダーモスコピーという拡大鏡での診断が有用とされているが、100%確実な診断ではなく、ほくろ自体は良性であるが、皮膚の悪性腫瘍の中でも悪性度の高い悪性黒色腫と判別困難なものも時々みられる。特に日本人で悪性黒色腫の発生が多い、手のひら、足の裏に成人以降にできた色素班に気づいたら、皮膚科専門医の受診を勧める。精度の高い最終診断は切除したあとの病理診断となる。

検査
ダーモスコピー(dermoscopy):明るい照明下で、無反射条件下で10~30倍程度に拡大して皮膚を観察し、ほくろやメラノーマの診断を行うための方法で健康保険が適用されている。肉眼では判断の難しい病変でも診断の精度が 2割ぐらい向上することが示されている。

治療

保存的治療
①レーザー治療(保険適応範囲)
隆起した病変は健康保険範囲内でのレーザー治療が可能である。局所麻酔を用い、病変の一部を切除して病理検査を行う。残った病変を炭酸ガスレーザーで止血、形状を平たんに整えるが、レーザー治療の場合、病変が再発する可能性がある。
経過:治療後は傷になり徐々に痂疲形成される。入浴、洗顔は可能となる。痂疲は1~2週間で自然に脱落し、赤みが1~2カ月続くが自然に消退してゆく。赤みが消退した後にほくろの色素が残っている場合は2回目の治療を行う。
②レーザー治療(保険適応外)
平坦な病変をレーザーで除去する場合は保険適応外の治療になる。(医師の判断)局所麻酔を用い、炭酸ガスレーザーで病変を焼く。色素が深い場合は一度の治療では取り切れず、複数回の治療が必要となる。
経過:治療後は傷になり徐々に痂疲形成される。入浴、洗顔は可能となる。痂疲は1~2週間で自然に脱落し、赤みが1~2カ月続くが自然に消退してゆく。赤みが消退した後にほくろの色素が残っている場合は2回目の治療を行う。

ルピレーザー、Qスイッチ・ルピレーザー、Qスイッチ・アレキサンダーレーザー治療
悪性化の恐れのない場合、メラニン色素に選択的に作用する。

外科的治療
悪性を疑う病変、色素が深い病変、完全に取りきりたい病変は手術を行う。局所麻酔を用いた30分程度の日帰り手術で実施できる。手術を行なう場合はあらかじめ血液検査が必要となる。

予防

生活上の注意
成人になってから気付いたほくろで、色の変化や大きさの変化がみられる場合、色の濃淡が強い場合、色素斑の境界がはっきりしない(ぼけている)場合などは、たとえ小さくても悪性黒色腫の可能性もあるので早めに受診する。生まれつきの大きい黒あざも生後早めに医師と相談する。

Page top