足の診療所トップページ > 診療内容 > 偽痛風

診療内容

偽痛風


偽痛風(ぎつうふう)とは、軟骨に沈着したピロリン酸カルシウムの結晶が酵素や外力による破壊などにより関節腔内に脱落し、その結晶を多核白血球、単球、滑膜細胞などが貪食して、サイトカインやプロスタグランジンなどが放出されて生じる急性炎症である。軟骨の石灰化を伴うため、軟骨石灰化症とも呼ばれる。罹患部位は膝関節に多いが足関節にも生じる。60~80歳での発症が多く、罹患に性差はない。

原因

ピロリン酸は肝細胞や軟骨細胞などの種々の細胞で合成され、濃度の上昇したピロリン酸カルシウムは軟骨内でピロリン酸結晶を形成する。この結晶化の要因としては軟骨変性が重要である。遺伝・加齢・変形性関節症・関節リウマチ・副甲状腺機能亢進症等が誘因となると考えられる。

症状

急性発作時には関節の腫脹、局所熱感、強い疼痛があり、可動域の制限を生じる。これは数日またはそれ以上持続し、自然に軽快する。
石灰化沈着を認めても症状を呈さないことがある。

診断

白血球の増多やCRPの陽性化、血沈値の上昇、発熱などを認めるが、化膿性関節炎と極めて症状が類似するため、以下のような罹患関節中のピロリン酸カルシウム結晶の検出が診断のよりどころとなる。
(1)画像で関節裂隙に点状、線状の石灰化像を認める。
(2)穿刺して関節液を採取し、偏光顕微鏡で弱い正の複屈折性の単斜晶形あるいは三斜晶形の結晶を確認する。

治療

(1)保存的治療
ピロリン酸カルシウムを関節から除去する方法は現在存在しないため、対症療法が基本となる。急性発作時には局所の安静、冷却を行い、消炎鎮痛薬の投与、関節液の排除、関節内へのステロイド薬(例:ベタメタゾン注+リドカイン塩酸塩)の注入を行う。
(2)外科的治療
結晶の塊を摘出するために関節内の洗浄(デブリドマン)、変形が進んだ膝関節に対しては人工膝関節置換術などが行われることもある。

予防

ピロリン酸カルシウムを体内で生じさせないということはできないが、関節に負担をかけないよう適度な運動を心がけ、体重の調整を行うことが予防に繋がると考えられる。

Page top